お金を借りるときの言い訳

友人や親からお金を借りるとき、どうしても『お金を貸してほしい』という一言が言い出しにくいですよね。

消費者金融であれば、お金が必要なときに審査申し込みをすれば良いだけなので、お金を借りるときの言い訳は不要ですが、身近な人にお金を借りるときは、どうしても言い訳が必要になります。本当は、正直に『お金を貸してほしい』ことをストレートにいうほうが清いのですが、そう簡単にはいきません。

実例のあった効果的なお金を借りるときの言い訳

実例1

saifu財布を落としてしまった。財布に、クレジットカードやキャッシュカードなど、必要なカードが入っていたり、生活費がすべて入っていたと聞くと、同情でお金を貸したくなるもの。

財布を落としてしまうと、どうしようもできないことは皆知っていますから、お金を貸してくれる可能性は高いでしょう。

実例2

急な予定が入ってしまった。大事な飲み会や会合があると、参加は必須。でも、お金がない…となると、友人や親に借りるしかありません。

『仕事の大切な飲み会で…』と伝えて貸してもらいましょう。

実例3

今月は出費が多かった。出費が多かった理由は、『冠婚葬祭』が効果的。趣味や遊びで出費が多くても、『給料日まで待ちなさい』となるのがオチですから、結婚式や葬式を理由にすると良いでしょう。

これらは、実際にお金を借りるときの言い訳として使われた内容です。

他にも、交通違反で捕まってしまった車が故障してしまい仕事に支障をきたしてしまう友人の保証人になってしまった家賃が滞納しているなど、いろんな言い訳があります。

言い訳には、誠意も大事。軽いノリで言い訳をしても、なかなか信じてもらえません。

実例の3つも、本当に困っていることをアピールし言い訳することで、貸してもらえる可能性は高くなります。

お金を借りるときは正直が一番?

もし勇気があれば、正直に『お金を貸してください。お願いします』というと、案外受け入れてくれることも。とはいえ、お金を貸すということは、その間に強い信頼関係ができていることが大前提ですから、日頃から行動には十分注意しましょう。お金に限らず、借りたものをときちんと返さない習慣がある方は要注意です。

そして、借りたお金はきちんと返済すること。言い訳をしてお金を借りているわけですから、早めに返済するように心がけましょう。また、『借用書』を書いてもらうのも良いですね。『きちんと返済してもらえる』という証拠があれば、貸す側も安心してお金を貸してくれるでしょう。

このページの先頭へ