ブラックでもお金を借りる

借金問題が起こると、ブラックリストに登録されます。このブラックリストとは、いわゆる『信用情報機関』のこと。一度ブラックリストに載ってしまうと、最低でも5年は融資を受けられないといわれています。

でも、安心してください。確かにブラックリストへの登録は、お金を借りるうえで融通は効きにくくなります。しかし、ブラックリストに登録されたからといって、一切お金を借りられないのか?というと、そうではありません。

ブラックでお金を借りる方法とは

1つは、ブラックリストでも借りられる業者を探すこと。

今や金融業者といってもひと口にさまざまです。ブラックリストで借りられる金融業者は、大半が中堅または新規オープンしたところばかりですが。審査基準の設定が低いので、比較的簡単に借り入れをすることができます。

2つは、ブラックリストの掲載が終わるまで待つこと。

登録期間は、金融業者や借金の状況にもよりますが、最低5年は掲載されるといわれています。ですから、この期間中は我慢をし、掲載から削除されてから借りるという方法です。この方法がもっとも無難かもしれませんね。

登録期間中にお金を借りられるところがあっても、審査に時間がかかったり、落ちてしまったりする場合があります。でも、ブラックリストから削除されたあとなら、審査も通りやすくなりますし、審査にかかる時間もマイナスにできるでしょう。

ブラックでお金を借りるときの注意点

ブラックリスト注意してほしいのは、安易に金融業者を選ばないことです。金融業者といっても幅広く、信頼度の高いところもあれば、ヤミ金といって悪徳業者も潜んでいます。お金を借りるとき、もっとも注意してほしいのが変な業者につかまってしまうことです。

ブラックリストでも簡単に借りられる。
融資額が高い。
審査に時間がかからない。

この3つにあてはまる金融業者は、注意が必要です。ブラックになる理由は、自分の責任でもあります。返済の遅延や延滞を繰り返したり、債務整理をしていたり、借金のトラブルがあればブラックに載る確率は高くなります。少しでも安心してお金を借りるためには、ブラックに載らないようにすることも大切。

借りたお金はきちんんと期日内に返済し、遅延や滞納はしないようにしましょう。そして、お金を借りるときは計画的に。住宅ローンや教育ローンなど、仕方なく高額融資を受けなければ場合以外は、なるべく少額融資で負担がかからないようにしましょう。

結論は、『ブラックでもお金は借りられます!』でも、ご利用は計画的に…。

このページの先頭へ