無職でお金を借りる!大手で借入できる方法大公開!

無職だとお金を借りることはできないといわれています。それが一般的なシステムですが、無職でも融資を受けられる方法、実はあるんです。

無職で融資を受けるポイント

1つは、就職先を見つけること。

一番良いのは、『派遣会社』です。派遣会社は、登録をすることですぐに仕事をはじめることができます。正社員となると面接を受けて合格を待たなければいけないため、すぐに仕事をすることができませんが、派遣会社は面接がないところが多いので、どんな状況でもすぐに仕事をはじめられます。

仕事をして収入があれば、比較的お金を借りることはできますから、無職の方でお金を借りたいと考えている方は、派遣会社への登録をオススメします。

2つは、カードローンを利用すること。

もちろん、仕事をしていることが前提になりますが、カードローンはキャッシングよりも審査への通過が容易で、お金を借りやすいといわれています。収入が不安定なアルバイトや主婦でも借り入れができることで有名ですから、派遣会社でも借り入れができます。収入証明書の提出が不要なのも、助かりますね。

3つは、専業主婦であること。

専業主婦は、旦那さんの給料で生活をしているため、一切お金がないというわけではありません。自身が働いていないため、無職というくくりになりますが、家の収入はゼロでないため、旦那さんの承諾があればお金を借りることができます。

『返済能力の有無』で分かれる明暗

この3つを見ても分かるとおり、無職でお金を借りるためには、『返済能力の有無』が問われることが分かります。派遣社員であれば、たとえ現在仕事がなくても、収入がゼロということにはなりません。なかには、リストラで無職になってしまった方もいるでしょう。

この場合、失業保険があれば一時的に無職でもお金を借りられます。また、なかには次の仕事に就くまでのつなぎとして、貸付を行っている消費者金融もあります。

無職でお金を借りる方法は、以上になります。働く意思がない、就職先が決まっていない場合の無職は、返済能力がないので、専業主婦でない限り借り入れは難しいでしょう。専業主婦でも、旦那さんの同意は必須ですから、旦那さんに内緒でお金を借りる…ということは困難かもしれません。

無職の借り入れで注意したい点

また、無職で簡単にお金が借りられるところも、注意が必要です。金融業者もさまざまで、なかには悪徳業者(ヤミ金)も存在します。ヤミ金の手口に引っかかってしまうと、大変なことになりかねません。

安心・安全に借り入れをするためにも、金融業者選びは慎重に行いましょう。

このページの先頭へ