キャッシングでお金を借りる方法

まず、「キャッシング」と一口といっても銀行からマチ金までいろんな借入先がある。誰にでも即日融資可能か誰にでもお金を貸してくれる所というイメージがある。

しかし一定の規定がある検討する前にチェックしておこう!

◎20歳以上の男女

精神年齢はともかく、戸籍上「満20歳以上であればOK!」

クレジットカード会社では基本的に「満18歳以上」であれば、親権者の同意を得ることを条件に申し込み可能であるが、消費者金融においては「満20歳以上」が原則である。

民法上、未成年が婚姻をしたときには成年に達したものとみなされる旨があるため、たとえ「満20歳未満」でも結婚をしていれば社会通念契約可能ととらえることもできるが、実際のところその条件をクリアしていても「満20歳未満」の契約を認めてない場合が多い。

◎安定した収入のある方

あくまでも安定であって「定期的」ということではない。よって必ずしも毎月ほぼ一定的な収入を得なくても大丈夫ととらえることができ、実際問題、問題なかったりする。企業の倒産が当たり前となりつつある今の時代に、終身雇用が完全に崩壊してしまってしまった今何をもって「安定とするか?」を結論づけるのはかなり困難なこと

◎身体障害者の契約は?

身体障害者でも条件があえば大丈夫です。

健常者の場合のそれと何ら相違ないが、その障害の度合や症状によって契約困難になる場合もある。

一般的に「全盲者」は契約が難しい。これは、自分自身で契約書を読んで理解するのが難しい場合が多い。これば自分で契約書を読んで理解することが不可能だからです。

点字による契約書が用意されていれば別だが各社がそこまで用意周到を期すのは非現実的なことでもある。

逆に「難聴者」は自分自身に対する読解は可能なのでこちらは大丈夫な場合が多い。

「たとえ親族であっても」第三者の労力を一切必要とせず契約者自身で契約内容を読解し理解することが可能な状態であるか否かが、その分かれ目と判断していい。

◎外国人の契約は?

外国人も条件さえ合えば大丈夫だ。そこに妙な差別は生じない。各社は指定する本人確認書類を用意できれば大丈夫だ。永久査証があれば、あればいうことなしだが「外国人登録証」でもよい。ただ、大手ならともかく中堅以下の会社となるとたとえ本人書類をそろえていようとも「外国人」といっただけでお断りということも多い。

外国人登録者の場合、基準として「日本語の理解」と「在日年数」そして就業環境がある。

日本語の理解は、

即契約につながる部分でもありとても重視される。日常生活レベルでの会話や契約内容に関して理解できるか否かが大前提である。でなければ、話が前に進まなくなってしまう。在日日数は、やはり不法出稼ぎチェックの意味合いが強い。たとえ日本語がペラペラでもたかだか半年ほどの在日期間では難しい。最低でも1~2年は欲しい。

就業状況などは、その根底となる考え方は日本人のそれと同じだが、特に就業年数については突っ込みが厳しくなる場合が多く、在日数と合わせて食い違いのないようにしておきたい。

▼かなり急いでいる当日融資希望のあなたにおすすめ!
プロミス
最短1時間融資可能
※最短即日※

審査は最短30分
平日14時過ぎ&土日祝日もネット申込&審査通過後、自動契約機で、すぐに借りられます。


三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、24時間振込可能
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
アコム
最短30分で審査ご回答 最短即日
(14:30までに手続完了の場合)

楽天銀行、ゆうちょ銀行に口座をお持ち場合は、土日祝でも24時間融資してくれます
専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
楽天銀行ローン
※最短即日※

楽天銀行口座をお持ちの場合は、365日24時間振り込み可能です。

平日14時30分までにお手続き完了で即日振込み パート・アルバイトOK
学生OK
▼家族や会社に借入が絶対ばれたくないというあなたには
モビット
業界唯一のWEB完結「電話連絡なし」「郵送物一切なし」で、誰にも知られずお金を借りれます。 平日14時50分までに契約完了で即日振込み 限度額:800万円まで

このページの先頭へ