確定拠出年金をフル活用する方法

確定拠出年金で貯蓄

私が年金をもらえる様になるには、あと30年近くあります。年金の仕組みは、積み立てでも何でもありません。働いている人の給料より強制的に年金として徴収し、年金受給者に支払われるようになっています。

少子高齢化が謳われている現代においては、将来我々が受け取る年金額の減額や働いている世代の年金負担額の増額が懸念されています。今の状態ではとてもじゃありませんが、将来老後の生活を年金だけで暮らしていく事は難しいはずです。

老後の生活は自分で保証できる様にするしかないのです。

特に国民年金だけの人は、ますます老後の生活が大変になるのではないでしょうか。今や国の借金も膨らみ続け、景気の回復も現状維持がやっとのところです。その為、私の老後は年金に頼らずに生活できる様にする事が必要で、既に個人年金等を始めています。

その他にも、様々な貯金をしています。

今を楽にして生きて行くのか、将来を考えて、今を我慢して生きて行くのかが問われているのではないでしょうか。

確定拠出年金

近年、ニュースや株関連情報雑誌にも大きく取り上げられるようになった確定拠出年金ですが、2015年から確定拠出年金を利用できる対象が広がり、一般の主婦なども利用可能となりました。この制度の変更には隠されたメッセージがあります。それは「自分の老後の生活費は自分で形成しろ」ということです。

現代の日本では急速に高齢化が進行しており、現在4人に1人が高齢者である状況が50年後には2.5人に1人が高齢者になります。4人で1人の高齢者を支えるだけでも大変なのが現状であるのに、それが2.5人で1人の高齢者を支えるとなると、その負担は単純計算で1.6倍にもなります。それを回避するための確定拠出年金です。この制度を最大限に活用する方法は限度額マックスで投資していくという方法です。

確定拠出年金は受給開始される60歳以降まで引き出すことが出来ないのがデメリットですが、これはしっかりと貯蓄できるというメリットでもあります。

意外と少ない国民年金

年をとって退職した後は年金で生活を、と考えている方は多いとおもいますが年金生活は簡単なものではない場合があります。夫婦で年金生活をしているとそれほど大変だと感じない事もあるかと思います。

日本では多いパターンの、定年まで働いた旦那さんが支払った厚生年金からの支給が多いからと言えます。その為専業主婦等で自身が厚生年金にほとんど加入していなかった方の場合、旦那さんが亡くなった後からもらえる年金の額はとても少なくなります。

こんな金額では生活をしていけないと嘆くお年寄りの方も多くいらっしゃっいます。

子供等と同居の場合は良いのかも知れませんが、お子様がいなくて一人で生活をしていかなければいけない場合はとても大変な場合もあります。それでも子供に迷惑をかけたくない、自分で気楽に一人暮らしを続けたいと考える方も多いでしょう。

老後を安心して生活していく為には年金だけを当てにせずに、少しづつ貯金をしておく事がお薦めです。

私たちの老後に必要な貯金額はいったいいくら?

数年前から個人による年金未払いや、企業による横領など、あまりよくないニュースばかり目立っています。今の世の中の雇用制度はだいたいどこも、60歳定年でその60歳から嘱託として、働いている人がほとんどです。

私達30代前後の平均年収は、人にもよりますが500万円前後。仮に定年まで働いたとして、多くて800万~1000万程度の年収です。子供の有無にもよりますが、普通の会社員で子供がいる人は、年収から生活費教育費などをひくとそんなに残りません。

子供がいないとしても、両親への援助など毎月の出費がある人も、そんなに多くは残らないでしょう。

1年間夫婦2人で余裕のある生活をするために、年400万としても老後30年で、1200万です。

さらに私達の世代の年金支給率はかなり下がっています。私の祖父母は共働きでしたが、祖父母でさえ削られています。今の世の中、誰でもその気になれば、自分で資産を作れる時代です。自分の得意なこと、楽しくできることを見つけて、きちんとビジネスを勉強し、楽しい老後を送りたいですね。

自分の年金支払い履歴を見直してみましょう

将来年金に不安を感じている方は少なくないと思います。しかし、年金について学ぶ機会は大学に進学してもあるわけではなく、結局何の知識もないまま義務だから支払い続け、年金受給が開始される年齢が近付いたら知らされるということが大半だと思います。

ここで絶対にやっておくべきことがあります。それは自分の年金支払い履歴を確認してみることです。これをするかしないかによって将来もらえる年金総金額が大きく変わってきます。たとえば、学生控除を受けたことのある方はその埋め合わせをした方が良いです。

学生控除は学生のように安定した収入がなく国民年金の支払いが難しい方が利用する制度です。この制度を利用している学生は多いのですが、時間が経ってしまうと学生のころこの制度を利用した事実を忘れてしまうことが問題です。また、このような制度を利用せず滞納した機関のある方も見直して気が付く必要があります。5年は埋め合わせが可能ですので、逐一見直した方が賢明です。

 年金は繰り上げ申請で60歳から貰うこともできます

現在の国民年金・厚生年金は65歳から受給開始となります。しかし、65歳になるまえに失業や早期退職に追い込まれるなどして経済的に困窮することもありえます。もし65歳前に仕事をリタイアせざるを得なくなったら、年金が支給される65歳までどうやって生活していけばいいのでしょうか?

退職から65歳まで貯金を切り崩して生活していくというのが大半の人が取る選択です。しかし、低賃金などで経済的な余裕がなく充分な額の貯金を用意できないという事態も考えられます。だからといって消費者金融などから借金して工面するのは論外です。

年金受給者・高齢者でも借入れできるキャッシング

そこで考えられるもう一つの選択肢が年金の繰り上げ申請です。実は65歳から支給される老齢基礎年金と老齢厚生年金を繰り上げ申請することで、最短で60歳から受けてることができるのです。ただし国民年金に任意加入中の方は繰上げ請求できませんし、繰上げ請求後に保険料を追納することもできなくなります。

一見すると年金が早く貰えて助かるように思えますがデメリットもあります。それは支給開始が早ければ早いほど、貰える年金が減額されその減額率は生涯に渡って変わりません。繰り上げには全額繰り上げと一部繰り上げがありますが、60歳から全額繰り上げすると3割も年金が減額されてしまいます。

ですからよく考えて手続きしましょう。また逆に繰り下げ申請で年金の支給開始を遅らせることもでき、この場合は支給額が増額されます。

▼かなり急いでいる当日融資希望のあなたにおすすめ!
プロミス
最短1時間融資可能
※最短即日※

審査は最短30分
平日14時過ぎ&土日祝日もネット申込&審査通過後、自動契約機で、すぐに借りられます。


三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、24時間振込可能
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
アコム
最短30分で審査ご回答 最短即日
(14:30までに手続完了の場合)

楽天銀行に口座をお持ち場合は、土日祝でも24時間融資してくれます
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
楽天銀行ローン
※最短即日※

楽天銀行口座をお持ちの場合は、365日24時間振り込み可能です。

自身に収入のない主婦でも申込める数少ないカードローンです。
平日14時30分までにお手続き完了で即日振込み パート・アルバイトOK
学生OK
▼家族や会社に借入が絶対ばれたくないというあなたには
モビット
業界唯一のWEB完結「電話連絡なし」「郵送物一切なし」で、誰にも知られずお金を借りれます。 平日14時50分までに契約完了で即日振込み 限度額:800万円まで

このページの先頭へ