カードローン審査通過のポイントは?

カードローン審査には、さまざまなことが影響します。そのなかの一つに、『転職』があります。

転職がカードローン審査に影響する理由

『転職がなぜカードローン審査に影響するの?』と、疑問に思うでしょう。その理由は、転職してすぐだと勤続年数が少ないこと、転職活動中は収入がない場合があることが大きく関係しています。カードローン審査には、『勤続年数』は重要です。

最低でも、半年の勤続年数は必要だといわれていますから、転職してすぐは働いている年数が極端に少ないため、たとえこの先働き続けるとしても、審査には響いてしまいます。もちろん、転職をしたからといって、カードローン審査に通らないというわけではありません。あくまで、『カードローンの審査に多少影響しますよ』というだけのことです。

でも万が一のことを考えて、転職を考えている方は、転職前にカードローン審査を受けることをオススメします。

これもひとつの、『ご利用は計画的に』ですね。カードローン審査には、勤続年数が関係しますから、転職前に申し込みをすることで、転職をしても余裕で融資を受けられるようになります。転職後でも審査申し込みはできますが、確実に審査に通るようにするなら、利用限度額は低く設定しておきましょう。もともと、利用限度額は少ないほうが審査に通りやすいといわれていますから、『すぐにお金が必要』という方は、オススメの方法です。

賢く、そしてスムーズに借り入れを行うためには、カードローン審査と転職の関係についても知っておくと、助かります。もちろん、転職以外にもカードローン審査に影響することはたくさんあります。

カードローン利用の注意点

特にはじめてカードローンを利用される方は、いろんなことに気をつけながら、お金を借りることが大切です。近年、学生やアルバイト、専業主婦でも気軽にお金を借りられる時代。そのため、安易な気持ちでお金を借りる方も少なくありません。でも、お金を借りるということは、必ず返済をしなければいけないことを頭に入れておきましょう。

金融機関は、『万が一のとき』の助け舟になる存在です。必要なときに、必要な分だけお金を貸してくれる…。だからこそ、きちんと計画を立てて、安心・安全にお金を借りましょう。まずは返済できる余裕を持つこと。転職中や転職後でも、返済できると判断してもらえれば、少額でも借り入れはできます。

そこを理解して、賢くお金を借りましょう!きっとあなたの役に立つはずです。

カードローン審査の「他社借入」について

カードローン審査では、さまざまなことを確認されます。審査の度合いは、金融機関によって厳しいところあれば緩いところもありますが、『え?こんなことも?』という内容を確認されるのは事実。たとえば、携帯料金や転職などです。

携帯料金が滞納していたり、転職中や転職後はカードローン審査に影響しやすいといわれています。

他社借入のカードローン審査への影響とは

では、『他社借入』はどうでしょうか?

他社借入があるということは、当然カードローン審査ははじめてではありません。1件でも他社から借り入れをすればその時点でカウントされます。

カードローンは、キャッシングに比べると比較的借り入れがしやすいサービスです。そのため、他社からの借り入れがあっても、『それほど審査には影響しないだろう』と考えがち。しかし、他社から借り入れがあると、利用限度額の設定は低くなってしまいます。もちろん、他社から借り入れをし、完済しているのなら話は別です。

でも、現在進行形で借り入れを行っている場合は、高額融資を受けるのは難しくなるため、カードローン審査では利用限度額を下げて申し込みをしなければいけなくなってしまいます。もし高額融資を希望すると、場合によっては審査に落ちてしまうことも…。

カードローン審査は、『他社借入』があるからといって、審査に落ちるわけではありませんが、はじめて審査をする方と比べると、審査は通りにくくなってしまいます。

他社借入がある場合の注意点

では、他社からの借り入れがある状態でカードローン審査に申し込みをするためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

まず1つ目は、カードローン会社の選び方です。ひと口にカードローン会社といってもさまざまで、銀行もあれば消費者金融もあります。審査が比較的緩いところは、銀行よりも消費者金融になります。そして、中小企業のカードローン会社であること。大手の会社は、その分審査が厳しい傾向にあります。

必ずしも審査に落ちるわけではありませんが、少しでもスムーズに審査に通るためには、消費者金融系のカードローン会社をオススメします。

2つ目は、勤続年数ですね。

長ければ長いほど、当然審査は通りやすくなります。月収は20~30万円が理想。ただカードローンの場合『安定した収入があればOK』とするので、アルバイトやパートでも十分申し込みはできます。

3つ目は、他社借入が3件以下で、借入額が年収の1/3を超えていないこと。

やはり、他社借入の数は多いほど審査への通過が厳しくなります。他社借入がNGというわけではありませんが、借入過多には気をつけましょう。 

公共料金や税金の滞納はカードローン審査に影響あるの?

結論からいうと、影響しません。公共料金とは、ご存知のとおり『ガス料金』『水道料金』『電気料金』などですね。

生活をするうえで、毎月支払わなければいけない料金です。税金は、住民税や市民税、自動車税など、国に支払うべき料金のことをいいます。

カードローン審査に影響しない理由とは

まず、カードローン審査には『信用情報機関』の情報が照会されます。信用情報機関とは、たとえば過去に借り入れをして延滞したとか、携帯料金の未払いが続いたなどです。また、クレジットカードを利用した場合も、すべて履歴が残ります。要するに、ほとんどの方が信用情報機関に登録されていることになります。

しかし、公共料金や税金に関しては、信用情報機関への記載がありません。そのため、たとえ公共料金の支払いが遅れても、カードローン審査への影響は0になるのです。

ただ、公共料金や税金の滞納はカードローン審査に影響が一切ない。というと、少し違います。たとえば、公共料金の支払いをクレジットカード払いにしていたとしましょう。この場合、当然使用した公共料金はすべてクレジットカードから引き落とされることになります。となると、クレジットカードを利用していることになりますから、滞納や延滞があるとその履歴が残ってしまいます。

要は、現金払いなら公共料金の支払いが滞納・延滞しても、信用情報機関への影響はありませんが、クレジットカードで支払いをしていた場合、信用情報機関へ影響してしまうというわけなのです。もちろん、1度や2度の延滞や遅延は、それほど大きな影響はありません。

しかし、繰り返し延滞・遅延をしていた場合、カードローン審査に影響してしまうので、注意が必要になります。

これは、携帯料金でも同じことがいえます。近年は、支払いをすべてクレジットカードにしている方も少なくありません。一般的に、公共料金や税金の滞納はカードローン審査に影響しないといわれていますが、クレジットカードを利用していると、影響してしまうので覚えておきましょう。

カードローン審査に通るポイント

少しでもカードローン審査に通りやすくするためには、公共料金の支払いはクレジットカードにしないほうが安心です。クレジットカードからの引き落としにしている方は、滞納や遅延のないように気をつけましょう。もちろん、税金も同様です。

結果をまとめると、基本的に公共料金や税金の滞納はカードローン審査に影響はしませんが、クレジットカードで支払いをしていた場合、影響は大いにあるということです。
 

債務整理のカードローン審査への影響について

債務整理とは、一言でいうと弁護士や司法書士を利用して借金を整理することをいいます。債務整理といっても方法はさまざまで、自己破産もあれば任意整理、個人再生など条件に合わせて選択肢が異なります。

債務整理のカードローン審査への影響とは

さて、債務整理がカードローン審査へ影響するのか?ということですが、結論からいうと大きな影響にはなりません。もちろん、一切影響がないといったらウソになります。しかし、債務整理の状況によっては、カードローン審査の申し込みや借り入れは十分可能です。

債務整理でも審査が可能な方法とは

では、どんな場合に債務整理のカードローン審査が可能なのでしょうか?まず、債務整理後の支払い状況です。遅延や滞納をすることなく、きちんと返済期日内に返済をしているのであれば、債務整理をした後でもカードローンの審査を申し込むことができます。でも、支払いが遅れたり滞納が続いていると、審査申し込みや借り入れは難しくなってきますね。

また、債務整理をすると、『信用情報機関』に事故情報として掲載されます。そのため、金融業者には債務整理をしたことを黙っていたとしても、審査で確認されてしまうので意味がないんですね。これは、債務整理に限ったことではありません。

クレジットカードの支払いや携帯電話の支払いなど、支払いの滞納や延滞を繰り返すと、『事故』として信用情報機関に掲載されてしまいます。ですから、少しでもラクにカードローン審査を申し込みたいのであれば、きちんと返済をしていることが第一になります。

債務整理で完済した後の審査への影響

では、数年前に債務整理で完済をした場合でも、カードローン審査に影響が出てしまうのでしょうか?これに関しては、債務整理完済から5年以上経っていれば、大きな影響はないといわれています。というのも、信用情報機関の掲載期間は、5年~7年といわれています。この期間を過ぎると、掲載された情報は消去されます。そのため、債務整理をしたという事実もなくなりますので、カードローン審査は問題なく申し込みことができます。

また、5年経っていなかったとしても、遅延や滞納なく返済をしているのであれば、多少審査に時間はかかりますが、融資を受けることは十分可能です。

つい債務整理をするとカードローン審査に申し込めない、もしくは審査に落ちてしまうという印象が強いですが、決してそのようなことはありません。債務整理をしていなくても、審査に落ちる方はいます。仕事に就き、安定した収入があれば、債務整理をした後でも十分借り入れは可能です。

自己破産後の「カードローン審査」について

自己破産とは、債務整理のひとつです。収入や財産で債務の支払いが困難になったときに、全財産を用いて借金を整理することをいいます。借金をすべて0にするというと、分かりやすいかもしれません。

債務整理の種類とは

務整理には、自己破産以外に個人再生や任意整理という方法もありますが、これらは借金を大幅に減額し返済していくので、借金を0にすることはできません。しかし、自己破産よりもリスクは小さくなります。

自己破産後の借り入れは可能?

自己破産後の『カードローン審査』についてですが、審査申し込みができるのか否かでいうと、できます。もちろんリスクはありますから、確実に審査に通るかといったら、そうではありません。

というのも、自己破産をすると『信用情報機関』というところに登録されます。信用情報機関とは、銀行や消費者金融が加盟している組織です。いくつかの種類があり、『KSC(銀行・信金・農協系)』や『CIC(信販会社)』などがあります。これには、クレジットカードの利用や携帯電話の支払いなど、さまざまなことが原因で掲載されます。借金をして返済ができなかったからという理由だけで、掲載されるところではありません。要するに、個人の信用の情報を収集しているところ。というと分かりやすいですね。

ですから、自己破産をするということは、借金の返済で問題が生じたわけですから、当然信用情報機関に掲載されることになります。信用情報機関に掲載されると、最低5年はその情報が残っていますから、掲載期間中はカードローンの審査はもちろんのこと、その他申し込みも難しくなってしまいます。

カードローン審査に通る方法とは

しかし、自己破産でもカードローン審査が一切通らないのかといったら、そうではありません。前述のとおり、掲載している期間を過ぎると、自己破産者でもカードローン審査に通る場合があります。あくまで、信用情報機関に掲載されている期間のみ審査に通りにくくなるわけですから、その期間が過ぎれば自己破産という証拠もなくなりますので、融資も受けられるようになります。

ただ、大手のカードローン審査は厳しいため、審査でのリスクは高くなってしまいます。できれば中小企業のカードローン会社を中心に利用すると、安心です。また、利用限度額も低く設定することで、審査に通りやすくなります。

もちろん、仕事に就いていることと、安定した収入があるということも、審査に通る条件のひとつになります。審査通過の条件はいろいろありますから、事前にチェックしておくと安心です。

▼かなり急いでいる当日融資希望のあなたにおすすめ!
プロミス
最短1時間融資可能
※最短即日※

審査は最短30分
平日14時過ぎ&土日祝日もネット申込&審査通過後、自動契約機で、すぐに借りられます。


三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、24時間振込可能
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
アコム
最短30分で審査ご回答 最短即日
(14:30までに手続完了の場合)

楽天銀行、ゆうちょ銀行に口座をお持ち場合は、土日祝でも24時間融資してくれます
専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
楽天銀行ローン
※最短即日※

楽天銀行口座をお持ちの場合は、365日24時間振り込み可能です。

平日14時30分までにお手続き完了で即日振込み パート・アルバイトOK
学生OK
▼家族や会社に借入が絶対ばれたくないというあなたには
モビット
業界唯一のWEB完結「電話連絡なし」「郵送物一切なし」で、誰にも知られずお金を借りれます。 平日14時50分までに契約完了で即日振込み 限度額:800万円まで

このページの先頭へ