ブラックリストから解放される方法ってあるの?

インターネットで検索をかけるとブラックリストに載っていても融資可能って言ったかにも怪しいサイトをたくさん見かけますが普通に考えたらありえない話です
そんなこと歌っている時点でうちは正規の業者ではありませんよと高らかに宣言しているようなものです。気をつけてください。
ブラックリストに乗った肩書きリクエストカード作れたりも消費者金融からもお金を借りれない方が新規に契約できるそのような裏技はこの世に存在しません。

カード審査やブラックボックスで隠されている部分が多いためそこを強調することで本当に裏技かす存在するのかもしれないと思い込んでしまう人が多いのかもしれません
信用情報をクリーンにする裏技を教えるからお金を払えという業者まで出現しました。こういった業者が教えていたのは単なる自己破産の方法です
確かに自己破産を5年から7年後には信用情報がクリアになりますがもったいぶって大金を払わせるほどの話ではありません。また無資格者が自己破産の方法を知ることによって報酬を得る事は弁護士法に違反する犯罪です。

裏技など旅行等探しても存在しないのです裏技を歌う強者には要注意です。

ブラックリストからはいつ消える?

自分がいつからブラックリストから消えるのか知りたい。気持ちは理解できます。自分がいつまっさらな状態に戻れるのか?それがわかれば気持ちも和らぐ事でしょう。しかし、●年でブラックリストから消えるとは実は断言できません。まず理由の1つは債務整理の内容によってブラックリストから消える期間が異なることです。

任意整理 完済から5年程度
個人再生 完済から5年程度
自己破産 免責確定から5年程度

そしてブラックリストに載った日によっても情報が変わってきます。
貸金業者事故情報登録するタイミングは重要ですこれから債務整理をしますという通知が届いた時点で登録するのか、債務整理をして残債を分割で支払いますという和解が成立してからなのか、それとも残債を全て支払って終わってからなのか?

事故情報消えるまでの目安期間は5年間だとしても事故情報が登録されるまでの期間変わってくると消える時期もまちまちなります。ですから先程のように往年程度あるいは10年から7年程度なんといったアバウトな表現しかできないわけです。

そしてどれくらい経過したらクレジットカードも作れるのかという話なるとますます断言しにくくなります。事故情報が全て消えれば確かに信用は回復します。ただ、しばらくカードを利用しない期間が続いているわけですから、取引履歴もすて消えてしまいます。そのデーターをカード会社の担当者が見たときにホワイトであると判断すればカード発行が難しくなるかもしれません。

逆に事故情報が残っていてもすでに3年以上経過しているから大丈夫だろうと担当者が考えればカード発行の可能性があります。

ブラックリストから消える状態になるまでの期間は先に述たとおりはっきりと断言することができませんもちろんご自分で信用情報機関の個人情報を開示すれば現在の状況は確認できます。
としても気になってしまう方には(債務整理)をしてから5年以上経過した時点でいちど開示請求してみることをおすすめします。

気持ちはスッキリするでしょうしに楽にもしないクレジットカード申し込んで断れるといった事態を避けるためには有益かと思われます。

 

ブラックでも作れるクレジットカード!!

 

ブラックリストは存在するの?

そもそもブラックリストと呼ばれる公式なリストは存在しません。勝手にそう呼んでいるだけけの俗称です。金融系の信用情報機関が大きく分けて5つほどあります。銀行系の「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」、クレジット系の「CIC」、消費者金融系の「全国信用情報センター(全情連)」、業界横断型の「テラネット」、独立系の「CBC」の5つです。

皆さんが金融機関で事故を起こした時に「ブラックリスト」と呼んでいるのは、このが載った時のことを指します。事故情報の中にもいろいろなものが存在し、「自己破産」や「個人民事再生」といった官報に載る情報も事故情報なら、弁護士が介入して金利を下げてもらうのも事故情報、何か月か延滞するのも事故情報です。

これらの事故情報は、ひと括りに「ブラック」と称されるのではなく、もっと具体的に「○か月延滞」とか「和解ののち完済」とか、詳細が分かるようになっています。もっと具体的に「○か月延滞」とか「弁護士介入、和解ののち完済」とか、詳細が分かるようになっています。

この個人情報は、誰でも簡単に閲覧(照会)できるものではありません。

照会できるのは、「その信用情報機関に加盟している業者」かつ、「あなたが許可した相手のみ」です。照会の際は厳しいチェックを強いられるでので、自分がブラックになったら、職場や近所の所に知られるのは大間違いです。

ブラックか自分でわかるか?

あなたの個人情報は、あなた自身が開示請求すれば可能になります。詳しくは「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」「CCB」「全国個人信用情報センター連合会」「テラネット」に直接問い合わせると、郵送料金プラス500円から1000円ほどで、可能になります。

いずれの信用情報機関も、申し込みの際はあなたの本人確認(身分証提示)と申込書への提示が必要になります。一度、自分の信用情報を閲覧してみるといいかもしれません。余計な不安を払拭することができますし、登録に誤りがあれば修正を求めることも可能です。

ブラックリストは海外にでれば関係ない?

日本の信用機関は海外とは一切リンクしておりません。極端な話去年債務整理をしていたとしても、今年アメリカに移住して現地で定職につけ、そう時間のたたないうちに、銀行口座が開設できるようになり、次にデビットカードなども作れるようになり、次にクレジットカードが持てるようになると思います。こうやって現地でまったく新しいクレジットヒストリーを築くことも可能になります。

ブラックでもカードは作れることが!

クレジットカード会社は必ず「CIC」に加盟しています。CIC加盟業者は「CRIN」を通じて、銀行系や消費者金融系の事故情報も見ることができます。このことから勘案すると、事故情報が残っている間は、まずカードを作ることが不可能ではないと思います。しかし、あまり教えたくありませんが、カード会社のいろいろな事情により審査が非常にゆるくなることがあるようです。たとえば決算期やカード新規顧客獲得ノルマが達成できない月など・・・。またカード会社によってはもともと審査がそう厳しくないところもあります。これらの条件がぴったりあうと、ブラックでもクレジットカードの1枚くらい作れることがあります。

このページの先頭へ