生活のお得技

【賠償額5,000万円超えも】要注意!自転車保険は火災保険でカバーするべし

投稿日:

自転車通勤
最近は、自転車事故で被害者になるだけでなく、
加害者となることも多いですよね。

賠償額5,000万円を超えるケースもあったり…

実際の自転車事故の事例

自転車賠償費用一覧

自転車の走行中の事故では、
車との接触や転倒など、
自分自身が死亡やケガをして
被害者となる可能性が多いと思いがちですよね。

しかし、歩行者と衝突してしまい、
加害者となるリスクも見逃してはいけません。

自動車事故の場合、
自賠責保険制度があるため、
盗難車でもない限り、
通常は無保険というのは考えにくい。

しかし、自転車の場合はこうした制度がないため、
補償がないなんていう事が発生する場合がありますよね。

過失が認められてしまうと、
なかには損害賠償額が
5000万円以上といったケースもあり、
自転車を毎日のように利用する人にとっては、
決して軽視できない事柄といえます。

こうした事態を防ぐためには、
自転車に乗る人が
加害・被害の両パターンに遭遇しても
対応できる自転車保険が役立つんです。

自転車保険に加入しようとするのは早計

自転車事故で最も怖い
「けがをさせた相手への補償」は、
個人賠償責任補償という特約でカバーできるからです。

これは火災保険や自動車保険、
傷害保険などに特約として
付帯されていることが多いため、
現在加入しているそれらの保険に
すでに組み込まれている可能性があります。

自分が加入している火災保険や自動車保険があれば、

まずはその内容を確認してみましょう。

個人賠償責任補償特約がなければ、
自動車保険加入を考えましょう。

現在は月々100円程度
個人賠償責任1000万円まで補償してくれるプランもあるんですよ。

-生活のお得技
-,

Copyright© 節約投資情報-特派員エコロイド , 2017 AllRights Reserved.