旅行のお得技

4大マイルを徹底比較とにかく貯まるマイレージはこれだった!

投稿日:2014年1月9日 更新日:

plane1マイレージサービスでは、基本的には搭乗し距離=マイルを累積し、一定距離に到達すると、無料の航空券がもらえる航空会社のポイントサービスです。

他にも提携カードを使ったりポイント交換をしたり、してもマイルが貯まる。イメージとしては、家電量販店などで貯めるポイントと基本的には同じです。貯めたマイルはさまざまな特典と交換することができる。

一般的に国内でマイルをためる場合、ANAマイレージクラブか、JALのマイレージバンクに加入してマイルを貯めるというのが王道ですよね。ANAやJALでのマイルが万能かというと決してそんなことはなかったのです。

他の航空会社をまったく検討したことがないのであれば、ぜひこの機会にマイル発祥の国、アメリカ系の4大マイレージサービスを比較してみましょう。

マイルを貯めるならアメリカ系マイルが貯めやすく狙い目!

マイルを貯める場合、多くの人は日系のJALかANAのマイルをためているかと思います。アライアンスを考慮しても、前者はワンワールド、後者はスターアライアンスに加盟しているので、日系の航空会社を軸にするのは現実的にも妥当な選択だと思います。

しかし、他の航空会社をまったく検討したことがないのであれば、ぜひこの機会に選択肢の中にもう一度入れてみて欲しいと思います。

日本でマイルを貯める場合、便数の多さなどを考慮してスターアライアンス、ワンワールド、スカイチーム、スターアライアンスの4つのマイルが貯めやすいとされていて、通称4大マイルといわれています。その中で航空会社、デルタ航空のスカイマイルとユナイテッド航空のマイレージプラスでは、日系航空会社にはない、メリットが5つがあるんです。

格安航空券での区間マイル100%

通常格安航空券にマイルがつかなかったり、半分だったりすることが多いですよね。それが通常とおり100%のマイルがつきます。

マイルの有効期限が実質無期限

日系のマイルには有効期限がありますが、アメリカ系航空会社にはそれがないんです。

マイルを購入できる

特典航空券などを購入する際、あとちょっとマイルが足りないというときにお金を出してマイルを購入することができます。

燃油サーチャージが免除

これが一番大きなメリットといえるのですが、日系航空会社の特典航空券の場合、航空券はマイルでタダなのですが、別途サーチャージがかかりますよね。ヨーロッパやアメリカなどの航空券の場合、航空券の場合、数万円かかる場合もあり、場合によっては格安航空券とほとんど同じ額になることもあります。
しかし、燃油サーチャージが免除されます。

第3者へのマイルの譲渡が可能

これは、家族以外の第3者へのマイルを譲渡することができるシステム。誕生日プレゼントにマイルを贈ることも可能です。

ただし、アメリカ系のマイルは日系に比べ1マイルあたりの価値が低いというデメリットがあります。同時期に特典航空券を予約した場合、アメリカ系の方がかなり多くマイルを必要とする場合が多いいです。燃油代免除と考えるとそれもやむえないとも思いますが、そういったデメリットもあります。

海外の会社なので確かにハードルは高いですがマイルをさらに有効活用したい方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

4大マイルのメリット&デメリット

スターアライアンス マイレージクラブ

  • 日系航空会社:ANA
  • アジア系:、シンガポール航空
  • アメリカ系航空会社:エアカナダ、アビアンカ航空、コパ航空、ユナイテッド航空
  • ヨーロッパ航空:エーゲ航空、アドリア航空、オーストリア航空、ブリュッセル航空、クロアチア男航空、LOT航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、スイス航空、TAPポルトガル航空、トルコ航空
  • オセアニア系エアライン:ニュージーランド航空、
  • アフリカ系エアライン:エチオピア航空、エジプト航空、南アフリカ航空
格安航空券
マイル100%
 無期限マイル マイルの購入  燃料料金  第三者へのマイル譲渡  地上での貯まりやすさ  1マイルの価値
× × × × ×

メリット 国内のショッピングマイルなどでマイルをためやすい。1マイルあたりの価値が他よりも高い。
デメリット 特典航空券でもサーチャージ量が別途昼用。マイルの購入ができない。期限がある。

ワンワールド マイレージバンク

  • 日系航空会社:JAL
  • アジア系:キャセイパシフィック航空、マレーシア航空、スリランカ航空
  • アメリカン系エアライン:アメリカン航空、LATAM航空
  • ヨーロッパ航空:エアベルリン、ブリティッシュエアウェイズ、フィンランド航空、シベリア航空
  • オセアニア系エアライン:カンタス航空
  • アフリカ系エアライン:カタール航空
格安航空券
マイル100%
無期限マイル マイルの購入 燃料料金 第三者へのマイル譲渡 地上での貯まりやすさ 1マイルの価値
× × × × ×

メリット 国内のショッピング等でマイルを貯蓄しやすく。1マイル当たりの価値が他のマイルよりも高い。
デメリット 特典航空券でもサーチャージ料金が別途必要。マイルの購入ができない。期限がある。

スカイチーム スカイマイル

  • 日系航空会社:加盟なし
  • アジア系:チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、大韓航空、ベトナム航空、ガルーダインドネシア航空、廈門航空(アモイ航空)
  • アメリカン系エアライン:デルタ航空、デルタシャトル、デルタコネクション
  • ヨーロッパ航空:エールフランス航空、アリタリア航空、チェコ航空、KLMオランダ航空、タロム航空
  • オセアニア系エアライン:加盟なし
  • アフリカ系エアライン:カタール航空
格安航空券
マイル100%
無期限マイル マイルの購入 燃料料金 第三者へのマイル譲渡 地上での貯まりやすさ 1マイルの価値

メリット キャンペーんや購入譲渡などさまざまな方法でマイルをためやすい。マイルは無期限。
デメリット 1マイルあたりの価値が日系よりも低く、特典航空券の必要マイルが非常に多く必要。

スターアライアンス マイレージプラス

  • 航空会社:UNITED
  • 日系航空会社:ANA
  • アジア系:、シンガポール航空
  • アメリカ系航空会社:エアカナダ、アビアンカ航空、コパ航空、ユナイテッド航空
  • ヨーロッパ航空:エーゲ航空、アドリア航空、オーストリア航空、ブリュッセル航空、クロアチア男航空、LOT航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、スイス航空、TAPポルトガル航空、トルコ航空
  • オセアニア系エアライン:ニュージーランド航空、
  • アフリカ系エアライン:エチオピア航空、エジプト航空、南アフリカ航空
格安航空券
マイル100%
無期限マイル マイルの購入 燃料料金 第三者へのマイル譲渡 地上での貯まりやすさ 1マイルの価値

メリット キャンペーんや購入譲渡などさまざまな方法でマイルをためやすい。マイルは無期限。
デメリット 1マイルあたりの価値が日経よりも低く、特典航空券の必要マイルが非常に多く必要。

マイルを貯めて狙うは往復特典航空券と利用クラスのアップグレード

plane2

貯めたマイルは、さまざまな特典と交換することができますが、狙うべきは航空券と座席のアップグレード特典です。

1000マイル~往復特典航空券

貯まったマイルで交換できる航空券。ANA、JALなら、国内線は10000マイルから、国際船は12000マイルから交換できます。また、キャンペーンなどで、さらに少ないマイルで交換可能な場合もあるんです。距離によって必要なマイルが決まっているのでチェックしてみましょう。

12000マイル~アップグレード特典

手持ちの航空券の利用クラスをアップグレードできる特典です。一般的な利用方法としては、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードです。片道から、利用できますが、対象となる航空券に条件がるので注意が必要です。

貯まったマイルを使うなら国内の離島がお勧め!

貯めたマイルの使い道でおすすめなのが、国内線での利用。

たとえばANAで石垣島へ元旦にいく場合、11月中旬に予約すると5万3170円でこれを航空特典にすると、往復で20000マイルとなり、非常にお得感がある。一方、国際線で利用する場合は、2001~4000マイル程度の特典ビジネスが狙い目です。

レギュラーシーズンなら、往復40000マイルでビジネス航空券をゲットできます。

貯まったマイルで手に入る国内離島の航空券はお得度が高い

航空会社間のマイル交換方法がわかる

マイルはクレジットカードで貯まるポイントと異なり、他のマイルと交換することはできない。航空会社では、できない譲渡などができるものの、マイルの交換はできない。

だが、こちらのwebflyerのサイトでは、目的のマイル名と交換したいマイル名と、マイル数を指定すると交換したいマイル名と、マイル数を指定するとその交換ルートを示してくれる。
Authority

選択できるマイルの種類は多くないものの、あまり他では見ないタイプのサイトだけに、興味のある人は一度覗いてみてはいかがだろうか?
公式ページへ

【裏技】大量マイルの貯め方

飛行機に乗ってマイルを貯める方法もクレカ決済でポイントを貯める方法も、かなりのお金を投資しないとマイルははまらないといけないことがわかりました。お金を使わず大量に貯める方法があるのをご存知でしょうか?

-旅行のお得技

Copyright© 節約投資情報-特派員エコロイド , 2017 AllRights Reserved.