生活のお得技

ジェネリック医薬品がお得な理由とは?効果や安全性が気になる

投稿日:

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

病院から処方箋を受けた時に、ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。でも一体ジェネリック医薬品てどうなの?と不安になった方は、薬の安全性や効果について知っておくだけで、その悩みを解決することができます。

薬の種類や成分は種類がたくさんあるため、体の状態を考えると、少しでも安全で体質にあったものを選びたいですよね。通常より少しコストが安い理由や普及率など、気になる疑問点を知って薬を選ぶ時の選択肢を広げてみましょう。

ジェネリック医薬品ってなに?

ジェネリックとは一般的という意味があるので、ジェネリック医薬品は、一般的に使用されている、効果や安全性が確立されている医薬品のことを意味します。

国の予算である医療費の増幅を抑えることが期待されているため、国も推奨している薬です。近年さまざまな薬が開発されている中、新薬の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分と効き目がある価格の安い薬がジェネリック医薬品です。

医療費節約できるの?

新しい薬を開発するには、10年以上の年月と数千億という莫大な費用がかかるといわれています。ジェネリック医薬品は、すでに安全性や有効性が確認された有効成分を使用しているので、新薬と比べると短い期間と少ない費用で開発することが可能になります。

ほかにも、新薬は医療関係者に薬の使用方法や安全性についての伝達などにもさらに莫大な費用を用してしまうため、ジェネリック医薬品なら総合的にコストを抑えて消費者に届けることができます。

問題点とは?

ジェネリック医薬品は安全性が先発医薬品と比べて同等であることが義務付けられているため、有効成分は保証できるものとされています。しかし、薬の溶け方や効き目などは新薬と全く同じ方法で作られていない限りは差が生じてしまうこともあるかもしれません。個人によって薬の合う合わないがありますので、しっかりと説明を聞いて理解した上で、ジェネリック医薬品を使用するようにしましょう。

効果に違いはあるの?

新薬とジェネリック医薬品の効果は本当に同じなの?と気になる方も多いかと思います。使われている成分は安全性や効能が実証されているものなので、症状を緩和することが期待できます。しかし、新薬と同じ形状じゃなかったり、作られる工程が違っている場合は、有効成分の効き目が遅かったり早かったりする場合もあるかもしれません。

そうすると薬が効きすぎてしまったり、効果が出にくいと感じる結果になる可能性もありますので、まずは自分に合った薬かどうかを確認することが大切です。

利点と安全性

医療費の予算を抑えることができれば、新しい最新医療の開発を進めていくことができます。もともとは長い時間をかけて開発された安全で効果が立証された有効成分を、安い価格で購入できるのは大きなメリットのひとつです。
しかし、薬には絶対といえない部分もどうしても存在します。もし少しでも体調に不調が現れたり、症状が改善しない場合は、速やかに病院に行くことが大切です。

どこに行けば処方してくれるの?

ジェネリック医薬品は、医師や薬剤師の処方によって受けることができる薬です。もし仮にジェネリック医薬品へ変更したいと思った場合は、その意思を伝えるようにしましょう。

普及率

実際にジェネリック医薬品を選ぶ人はどれだけの人がいるのでしょうか。厚生労働省のデータによると、平成27年度には日本では約5割の方がジェネリック医薬品を使用しています。

北米やイギリス、ドイツなどではシェア数が半数以上を占めているので、日本では比較的普及率が低いのが現状となっています。しかし、年々増加傾向にあることから、これからますます普及率が上がっていくことが見込まれています。

売上高ランキング

先進国では医療費のコストを抑える為、ジェネリック医薬品の普及率をアップさせるための動きが広まってきています。

日本にも参入している企業がたくさんあり、2020年には80%以上の普及率になることを厚生労働者が目標として掲げています。

先発医薬品メーカーの数よりも、現状としてジェネリック医薬品メーカーの方が多くなっています。

主な会社は、日医工、沢井製薬、ニプロ、東和薬品などがあります。トップの日医工、沢井製薬のの売上高は1,000億円以上ともいわれています。

お得なジェネリック医薬品を安心して使うために

ジェネリック医薬品は使われている有効成分が効能、安全性とともに立証された薬をさします。安いし、なんだか使うのが恐い…と思う方も、その意味を知ることで安心して使うことができます。しかし、新薬と同様に、ジェネリック医薬品も個人によって薬の効き方が異なる場合があります。医師の説明を受けて、心配な場合はすぐに相談するようにしましょう。

また、新しい医療の開発や安い価格で購入できる点などを踏まえて、自分に納得のできる選択をすることも大切です。

-生活のお得技

Copyright© 節約投資情報-特派員エコロイド , 2017 AllRights Reserved.