お金を借りる方法

お金が必要な時は突然訪れますよね。そんな時のためにお金を借りる方法をまとめてみました。調べてみると少額から高額まで借りる手段があり。

親にお金を借りる

金融業者からお金を借りたくない場合、『親からお金を借りる』という方法があります。親なら利子をつけられる心配もほとんどありませんし、返済も重荷を感じません。もちろん、親であれお金を借りるという行為は、決して良いことではありません。それでも、お金を借りる方法のなかでもっとも安心できます。

親へのお金の借り方

oya_okaneとはいえ、親にお金を借りる方法といってもさまざまです。少額を借りたい方もいれば、高額を借りたい方もいます。数万円といった少額であれば、『お金を貸してほしい』というのも比較的容易ですが、高額の場合はたとえ親でも気を使いますよね。

でも。嘘をつくことはNG。高額を借りたい場合は、その旨をきちんと話し、どんなことにお金を使うかもしっかり伝えましょう。言い訳をせずに、切実に伝えることで、分かってくれる親は少なくありません。

ただ親にお金を借りるときに気をつけてほしいのは、『返済』です。親であれ、お金を借りるということは返済をしなければいけません。つい親だからと返済を忘れてしまいがちですが、借りた以上時間がかかってでもきちんと返済をするようにしましょう。

借用書を作成するという方法も

親も、どうしても返済が心配!という場合、『借用書』を作成するという手段もあります。親子の貸し借りでも、借用書を作成することで、返済期間はもちろんのこと、金利や借り入れした日付などを記入することになります。要するに、『私(親)は息子または娘にお金を貸しました』という証拠ですね。

借用書は、特に高額借り入れをしたときがオススメ。親にお金を借りて家や車などの高額な買い物をした方は、借用書を作成してきちんと返済しましょう。

親にお金を借りるときの注意点まとめ

借り入れをした書類を作成する(借用書)
返済の証明をきちんと残す
資金源に注意する
親の年齢を考える

 

『資金源』というのは、親の場合はほとんど不要ですが、万が一のときのために頭に入れておくと安心です。親の年齢は、高齢者であるほど注意しなければいけません。父親が80歳を超えている場合、高額の借り入れは返済が大変です。

高齢者の親にお金を借りるというのは、なるべく避けたいですね。

また、少額を借りた場合は、なるべくすぐに返済をするように心がけましょう。たとえ親から借りたお金でも、『計画的に』という言葉は忘れずに。親子の仲が悪くならないように、きちんと計画を立ててお金を借りましょう。

交番でお金を借りる

koban近年、いろんな方法でお金を借りることができるようになりましたね。お金を借りるというと、ひと昔前までは銀行や消費者金融というイメージが強かったと思いますが、今やクレジットカードでも簡単にお金を借りられる時代。

さらに、『交番』でもお金を借りることができるんですよ。交番といえば、いわゆる警察の施設のひとつ。おまわりさんが常駐している場所です。そんな場所で、お金を借りられるというのは、どういうことなのでしょうか?

交番でお金を借りる方法とは

たとえば、財布を落としてしまったとします。駅で落としたのか、お店で落としたのか、落とした場所を検討できず誰とも連絡がとれない場合。自宅が歩いて帰れる距離であれば良いですが、電車を使わないと帰られない距離だと、どうしてもお金が必要になりますよね。

この場合、使えるのが『公衆接遇弁償費』と呼ばれる制度です。この制度が、交番でお金を借りられる制度になります。

交番に行き、住所や氏名などを記入することで、交番でお金が借りられるようになります。

ただし、あくまで財布を落とし手持ちのお金がない場合に限りますから、お金が欲しいがために交番でお金を借りることはできません。せいぜい借りられても1000円まで。

1000円以上借りたい場合にはどうする?

では、1000円では自宅に帰れない場合はどうなるのでしょうか?こういった1000円以上の借り入れが必要な場合は、交番に常駐している警察官のポケットマネーから貸してくれます。ただし注意も必要です。『公衆接遇弁償費』はあまり知られておらず、知らない方も多いと思います。

また、一般の消費者金融での借り入れとは違いますから、どうしても借りたまま返さない方も少なくないようです。交番でお金を借りた場合、後日必ず同じ交番に行って、お金を返すようにしましょう。

交番でお金を借りるときの条件のまとめ

運賃がないこと
遊びが理由の借り入れはできないこと
限度額は1000円まで
交番で住所・氏名を記入する必要がある
1000円以上は警察官のポケットマネーになる

この制度は、覚えておくととても助かります。返済に期間はありませんが、なるべく早めがベスト。どうしてもそのまま忘れて返していない…となりがちですが、他人から借りたものはきちんと返すことが大切です。

そして、自己管理をきちんとし、財布を落としたり、運賃がなくなるまで散財しないように気をつけましょう。ちなみに、交番が閉っていると当然借りることはできません。交番によって夜間は閉鎖しているところもありますので、気をつけてくださいね。

郵便局でお金を借りる

お金を借りる方法のひとつに、『郵便局でお金を借りる』方法があるのは知っていますか?方法は2つあり、1つは『財産形成貯金担保貸付け』、2つは『貯金担保自動貸付け』です。

財産形成貯金担保貸付けと貯金担保自動貸付けの特長

yuubinkyoku財産形成貯金担保貸付けとは、財形定額貯金や財形年金定額貯金、または財形住宅定額貯金を担保にし、お金を借りる方法です。請求の際に、現在高の一定割合に相当したお金を、1,000円単位で借りることができます。

その期間は、最長2年まで。上限額は預入金額+利子=9割相当までとなります。

この方法で郵便局でお金を借りよう考えている方は、郵便局の窓口にて相談や手続きが可能です。ちなみに、返済回数は1~4回まで。返しやすい回数を選ぶことができます。

貯金担保自動貸付けとは、ゆうちょ銀行の定額貯金を利用している方は、こちらの方法でお金を借りることもできます。総合口座を持っていることが条件で、総合残高を超える支払いがあった場合に、自動的に貸付けを行ってくれます。

この方法で担保にする場合、預入金額の9割が上限となります。これは、『財産形成貯金担保貸付け』と同じですね。貸付期間に関しても、財産形成貯金担保貸付けと同じ最長2年となります。例えば、総合口座に10,000円入っている場合。そして、30,000円の払い戻しが行われた場合は、定額貯金を担保にして、差額の20,000円が自動的に貸付けされます。

利率に関してですが、返済をするときの約定利率に0.25%が上乗せされることになります。しかし、返済回数や金額規定がないため、安心して借り入れを行うことができます。以上の2つの方法が、郵便局でお金を借りる方法になります。

利用するときの条件とは

ゆうちょ銀行の総合口座をあることと、総合口座管理の定額貯金・財形定額・財形年金定額があることです。もしこれらにあてはまらない方は、総合口座を開設することで利用可能になります。総合口座の開設方法は、お近くのゆうちょ銀行、もしくは郵便局の貯金窓口で行えます。本人確認後、その場ですぐに口座を開設し。通帳を交付してくれるので、すぐにサービスを利用することができますよ。

手続きで必要になる書類

印章
本人確認の書類(運転免許証など)

を持参します。運転免許証がない場合、健康保険や年金手帳などでも可能です。以上が、郵便局でお金を借りる方法になります。郵便局での借り入れは、キャッシングやカードローンに比べると借りやすいですね。

市からお金を借りるgyousei

お金を借りる方法のひとつに、『市』があります。

銀行や消費者金融といった金融業者からお金を借りると認識されがちですが、前途のように市からお金を借りることもできますし、土地や年金などいろんな方法でお金を借りることができます。

『市からお金を借りる』というのは、いわゆる『市役所』から借りるということ。市役所などの公的機関から融資を受けると、無利子になるケースが多く、一般的な金融機関で借りるよりもお得になるといわれています。

もちろん、高額融資は受けられませんから、あくまで少額になります。それでも、利子がつかないので、借りたお金をそのままの金額で返済できるのは助かりますよ。

そんな、市からお金を借りる方法を『生活福祉資金貸付制度』といいます。

この貸付は、社会福祉協議会が中心となっており、お金に困れば簡単に誰でも借りられるという制度ではありません。そのため、市からお金を借りる方法を用いるためには、『ある条件』をクリアする必要があります。

市からお金を借りる条件とは

低所得者世帯
障害者世帯
高齢者世帯

『低所得者世帯』とは、いわゆる市町村民税が非課税となっている世帯のことをいいます。『障害者世帯』は、障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などを含みます。高齢者世帯は、65歳以上になります。この3つの条件を対象とし、いずれも個人ではなく世帯になります。

貸付方法は4つあります。総合支援、福祉支援、そして教育支援と不動産担保型生活支援です。総合支援と福祉支援に関しては、保証人の有無が利子に関係していきます。しかし、福祉支援でも緊急小口と教育支援に関しては保証人が不要で、利子もつきません。

ちなみに、不動産担保型生活支援の保証人の有無は、世帯内容によって異なります。ですから、低所得高齢者世帯なのか、高齢者世帯(保護が必要)なのかもきちんと調べておきましょう。

これらが、市からお金を借りる方法になります。意外と知られていない、『生活福祉資金制度』もちろん、あくまで『お金を借りる』わけですから、当然返済は必須です。給付であれば返済は不要ですが、貸付は借りた分だけ返済をしなければいけません。でも、述べたとおり利子がつきにくにので、借りた金額よりも多くなるということはありません。

市からお金を借りたときの金利

金利は、1.5~3.0%。借りられる金額は用途によって異なりますが、たとえば総合支援資金→住居入居費だった場合、限度額は2人以上で月20万円以内、単身で月15万円以内になります。無利子になるには連帯保証人が必要になりますが、メリットの多い貸付といって良いでしょう。

国からお金を借りる2つの方法

お金を借りる方法はさまざまです。一般的に、『お金を借りる』というと金融機関を思い浮かべますが、それ以外の方法で『国からお金を借りる』方法もあります。国からお金を借りるというと、なんだか大事な気がしますね。でも、安心してください。日本公庫と呼ばれる、国の教育ローンが存在します。正式名称は『株式会社日本政策金融公庫』といい、『国金』ともいわれていますね。株式の100%を財務大臣が保有しており、そのため国が経営している金融機関といわれています。

国からお金を借りる2つの方法

kinnyukouko国からお金を借りるということは、この『日本公庫』から借りるということになります。当然、銀行や消費者金融からの融資とは異なります。また、融資業務しか扱っていないため、預金業務は一切NG。融資をするための専門家集団というと、分かりやすいかもしれませんね。

もちろん、この日本公庫は法人だけでなく個人でもOK。ただし、あくまで事業を営んでいる方を対象としていますから、それ以外の方の融資は受け付けてくれません。しかし、前にも述べたとおり、日本公庫は『国の教育ローン』とも呼ばれていますから、学生の保護者も対象となります。要するに、教育用資金としての融資ということになります。

このように、国からお金を借りる方法は、2つの方法があることが分かります。趣味や生活費のための融資とは異なるため、これらに該当しない方の借り入れはできないと考えておいてください。

国からお金を借りるわけですから、信頼度が高く安心できますよね。また『金利が低い』『返済期間が長い』『資金の使い勝手が良い』といったメリットもありますので、計画を立ててじっくり利用・返済をすることができます。さらに、母子家庭の場合これらのメリットがより有利になり、優遇されます。

日本公庫は融資が高いほど低金利

銀行や消費者金融など、一般の金融機関からお金を借りる際には、金融会社によって条件が異なります。そのため、金利が高いところや実質年率で損するところもたくさん…。なかには、融資実行まで時間がかかる方もいます。でも、日本公庫は金利が高い融資ほど簡単な手続きで済みますし、融資の実行もスムーズになります。逆手をとると、低金利商品は手続きが面倒になることになりますが、事業や教育ローンをメインとして使いますから、それほど気になるデメリットにはなりません。

ちなみに、教育ローンの場合は融資をスタートするまで1週間~10日程度かかるといわれています。キャッシングやカードローンのように『即日融資』はありませんが、国から借りるため信頼度・安心感は高いでしょう。

車でお金を借りる

お金を借りる方法のひとつに、『車の担保』があります。これはいわゆる『車でお金を借りる』というもので、土地や市からお金を借りる方法と似ています。車でお金を借りる方法は、愛車を担保にするというもの。

よく、『愛車に乗ったまま即日融資ができる!』という広告を街角で見かけますよね。これが、いわゆる車でお金を借りる方法になります。

ただ、その実態について知っている方はほとんどいないといいます。

確かに、愛車に乗ったまま融資が受けられるなんて怪しいですもんね…。また、お金を借りるなら銀行や消費者金融を利用される方が多いので、主流になっていないというのも、実態を知らない方が多い理由のひとつ。

愛車をお金に換金できるのか?

kuruma-kariire

では、車でお金を借りる方法について紹介します。車でお金を借りるということは、先にも述べたとおり、『愛車を担保にする』ことになります。これは要するに、万が一返済ができなくなった場合、代わりに愛車を売りますよという意味になります。

そのため、車を担保にすると返済難になったときに車を失うことになってしまいます。

そして、車はそれぞれ価値が異なります。新品な状態なら価値を高く見積り、金額も高くなりますが、キズや凹みなど汚れがある場合は、当然見積もりは低くなります。要するに、車の状態によって車の価値が異なるというわけです。少しでも融資額を増やすためには、車の状態を良くしておくことも重要になってきます。

車の担保は、中古査定額が上限額になります。これは、担保になった車を中古車買取店へ売却処分し、債権回収するからです。そのことをきちんと理解し、愛車を担保にしましょう。

車を担保にしてお金を借りるときの注意点

きちんと返済をすること。
借り入れ額を減らすこと。

です。お金を借りるということは、返済をしなければいけません。『車を担保にしているから、返済できなくても大丈夫』ではなく、たとえ車を担保にしていても、借りたお金はきちんと決まった返済期間内に返済しなければいけません。それを守られない方は、厳しい言い方ですが、お金を借りる権利はないといっても良いでしょう。

返済がしやすくなるポイント

また、少しでも返済しやすいように、借入額を大きくしないこともポイントですね。そのためには、お金を借りるときに計画を立てることも大切です。無計画の借り入れはとても危険ですので、十分気をつけて賢くお金を借りましょう。『ご利用は計画的に!』このキャッチフレーズをお忘れなく。

土地を担保にお金を借りる

お金の借り方はさまざまです。そのひとつに、『土地』があります。一般的に、お金を借りるというと、銀行や消費者金融をイメージしますが、それ以外の土地を担保にしてお金を借りる方法があります。

担保を利用したお金の借り方は、土地以外にもありますが、土地を担保にするということは、万が一返済ができなくなったときに、担保にしたものを処分して返済していきます。要するに、土地を担保にするということは、所有している土地を処分するということ。

土地は、劣化もしませんし価値が下がることもありません。時期や景気などによって多少価格評価は変わってきますが、大きな変動がないのが土地です。そのため、土地を担保にしておくと、安心してお金を借りることができます。

もっとも安全なお金の借り方といっても良いでしょう。

土地を担保にお金を借りる条件とは大家さん

ただ、土地を所有しているだけではその土地を担保としてお金を借りることはできません。土地を担保にするためには、土地とそこに建っている建物も土地と同じ所有物であることが大切です。土地は自分のものだけれど、建物は他人名義である。となると、土地を担保にしてお金を借りることは難しくなります。

土地を担保にしてお金を借りるメリット

高額を低金利で。
長期間の返済が利用できる。

などが挙げられます。この2つは、お金を借りるうえでとても大きなメリットになりますよね。そのため、土地を担保にしてお金を借りる『不動産担保』は、計画を立ててお金を借りるのにとても適しています。返済できなかった場合は、土地を処分することになりますが、返済できれば手をつけることはありません。

また、不動産担保は運転資金を急きょ調達したい場合や、補充したい場合にも役に立ちます。

お金の使い道も、大きな制限がありませんから、安心です。

利用するときの注意点

もちろん、利用するうえで注意しなければいけない点もあります。それは、先にも述べたとおり『土地を失う』ということ。土地を担保にするわけですから、当然返済ができなければ担保にしたものを手放すことになります。住んでいる土地以外の土地でしたら、生活ができなくなる…という心配はありませんが、住居であれば大変です。

さらに、『担保割れ』といってたとえ土地を処分しても、返済しきれない場合もあります。そうなると、たとえ土地を手放しても、残りの額を返済しなければいけないので大きな負担になります。住居も失い、完済もできない…となると、大変ですよね。

一見すると、土地の担保でお金を借りる方法は便利ですが、やはり無計画に実行すると泣きを見ることになってしまうでしょう。

生命保険でお金を借りる

seimeihoken

キャッシングやカードローンを利用せずに、『お金を借りたい』と思っている方は少なくありません。お金を借りる手段もさまざまで、一般的にはキャッシングやカードローンを思い浮かべる方が多いと思います。でも、それ以外の方法で、お金を借りる方法があるのは知っていますか?

それが、『生命保険でお金を借りる』方法です。

生命保険でどのようにしてお金を借りるのかというと、『生命保険を担保にすること』です。この方法を『契約者貸付制度』といいます。

どんな借り入れなのかというと、加入している生命保険で、現在解約返戻金額に対して一定割合を限度額とします。限度額内であれば、加入している生命保険を利用してお金を借りることができるというものです。万が一のときに、とても役に立つ借り入れ方法ですから、覚えておくと良いでしょう。

契約者貸付制度について

さて、もっと詳しく説明します。先ほど、借り入れができる金額は、『解約返戻金額に対し一定割合の限度額』と説明しましたが、一定割合とは70~90%程度になります。ただし、加入している生命保険の種類や、生命保険会社によって異なります。この方法で借り入れを行いたいと考えている方は、現在加入中の生命保険を確認すると良いでしょう。お金を借りるということは、当然返済をしなければいけません。

利子については、生命保険でお金を借りる場合、通常であれば各生命保険の予定利率に対して1~2%上乗せした金額が設定されています。よって、予定利率が高いほど貸付利率も高くなります。予定利率に関しては、生命保証券に記載されていますので、こちらもチェックしてみると良いでしょう。

生命保険で借り入れをするメリットとは

生命保険でお金を借りる方法を紹介しましたが、では、借りる上でのメリットとは一体何でしょうか?一言でいうと、断然一般のローンよりもお得になります。たとえば、ある生命保険会社で例を挙げてみます。

例えば、予定利率が2.25%である生命保険契約の場合には、利子は+1.5%(3.75%)。となると、契約者貸付制度によって1年間100万円を借りた場合、1年後には3万7,500円の利子が発生することになります。そして、元本と合わせると、合計103万7,500円を返済することになります。

生命保険でお金を借りる場合、加入している生命保険からの借り入れとなるため、通常のカードローンより利率が安くなります。急な出費でお金が必要になったとき、キャッシングやカードローンを利用する前に、一度加入している生命保険を確認してみましょう。

このページの先頭へ