プロミスの利用明細、書類、郵便物は自宅に郵送される?

お金を借りる時は、できるだけ内緒にしたいですよね。

そんな事情を考慮して、プロミスの方でも、郵便物を送らないように配慮してくれます。
プロミスから利用明細や契約書類などが郵送されると、キャッシングしていることが家族や会社などに知られてしまっては都合が悪いと思います。

プロミスからのお知らせや利用明細、書類、郵便物について、自宅に郵便物を郵送してほしくないときに、
どのように対処、設定すればよいのでしょうか。

プロミスの申込・契約時に郵便物が届く可能性

WEB契約を利用したとき

WEB契約を利用したとしても、契約書とプロミスカードは郵送されます。

振込みキャッシングを利用したとき

振込キャッシングを利用すると、後日、「お取引明細書」が送られてきますので注意が必要です。

郵送されると言っても、差出人は、「事務センター」になっていて、

プロミスのブランド名は伏せてあるので、他人にバレることはないです。

しかし、どうしても郵便物が届くのが心配でしたら、

契約書やプロミスカードは自動契約機や店頭窓口で受け取ると良いでしょう。

プロミスの借入・返済時 に郵便物が届く可能性

プロミス提携以外のATMを利用

プロミス提携以外のATMを利用して、入出金をした場合は、

ATMから発行される明細に必要事項が記載できないため、自宅に郵便物が送られることがあります。

具体的には、「プロミスの提携」「セブン銀行」「イオン銀行」「三井住友銀行」のATMでしたら、

発行される明細に法律に基づく必要事項が記載されているため、自宅に明細が郵送されることはありません。

借入や返済をすると、通常は利用明細書が郵送されることになります。
しかし、電子交付サービスを利用すれば、利用明細書は郵送されずに
ネット上で見ることができます。

プロミスの会員サービスにログインして、
「書面受取方法の設定選択」画面で設定すれば変更することが可能です。

 

その他プロミスから利用明細が届く可能性のあるポイント

利用者と連絡が取れない場合

これは、何らかの理由で返済が遅れ、

プロミスが利用者と連絡を取ろうとしても連絡がつかないときのことを意味します。
そのようなときは、電話で連絡が取れるようにしておきましょう、
電話で連絡を取ることさえできれば郵便物が送付されてくることはありません。

利用者が希望しているとき

申し込み時に、電子交付サービスにお申し込みしていないなどの場合です。

振込キャッシングを利用したときや利用者が希望するとき、というのは、

会員サービスにログインして連絡方法の変更手続きをするだけで解決することができます。

【最重要】お申し込み時電子交付サービスに変更するのをお忘れなく

最も確実、かつ、簡単に利用明細などの書類を届かないようにする方法は、

書類の「電子交付サービス」を選択することです。

特に「振込みサービス」「お申し込み時」の方は絶対設定しておきましょう。
プロミスの会員サービスにログインし、「明細を電子交付サービスに変更する」という項目に選択しておけば、

利用明細書は郵送されず、WEB上で確認することが可能になります。

プロミスに申込んだ人のほとんどが電子交付サービスに変更していますので、

忘れずに手続きしておくようにしてください。

電子交付サービスによる通知への変更だけですので、忘れずに変更するようにしましょう。

プロミス  審査は最短30分

50万円以下なら収入証明書不要!
土日即日も可能
郵送物なし。Web完結。カードレスもOK
50万円以下なら本人確認書類のみでOK!
最高限度額500万円
担保・保証人:不要
パート・アルバイト:融資可能
安定した収入のない方(専業主婦):融資不可

モビット

絶対内緒で借りる
メールとネットで契約まで完結できる!
金利:年利3.0%~18.0%!
最高限度額800万円
担保・保証人:不要
パート・アルバイト:融資可能(安定した収入がある方)
安定した収入のない方(専業主婦):融資不可

このページの先頭へ