即日融資は、24時間できる?

即日融資とは、言葉のとおり申し込みをし、すぐに融資を受けられるサービスのことを言います。近年は『即日融資』と謳っている金融機関が多いですが、実際は申し込みをした時間帯によって即日融資ができるかどうか異なると言われています。

そのため、『即日融資だと思って申し込みをしたらすぐに融資を受けられなかった…』というケースは少なくありません。事前に、即日融資について知っておくことで、即日融資の金融機関でも安心してすぐに借り入れをすることができます。

即日融資はいつでもすぐに融資してくれるのか?

即日融資というと、『24時間受付』と書かれていることが多いですよね。でも、決して24時間審査をしているというわけではありません。

ネット申し込みの場合、朝~夜まで審査回答をしてくれる場合もありますが、混雑している場合、翌営業日の審査回答になることも少なくありません。

では、どうすれば即日融資をすぐに受けられるのでしょうか?そのためには、早めの申し込みがポイントになります。

できれば午前中に申し込み、遅くても平日の14時までに申し込みをしたいですね。この方法で申し込みをした場合、即日融資を受けられる可能性は高くなります。

ちなみに、審査にかかる時間は最短30分。銀行振込の反映時間が平日15時までですから、30分以上審査に時間がかかるとすると14時までに申し込みを済ませていないと、翌営業日になる可能性が高くなってしまいます。

ただ、消費者金融は、インターネットで申し込みを完了させてカードローン自動契約機を利用すると、15時を過ぎてもキャッシングことができます。

急いでいる場合は、この方法でキャッシングをすると安心です。消費者金融の自動契約機なら、土日祝日はもちろんのこと、夜も利用できますからね。

銀行カードローンの場合は、一般的に15時を過ぎると取扱いできませんが、同行間の取引であれば、15時以降でもすぐに反映振込ができます。三菱UFJ銀行カードローンの場合、口座を持っている方は15時までに審査を終えると、夜間でも土日でも取引は可能だと言われています。

利用する金融機関の取り扱い時間を事前に確認する

即日融資といっても、方法はさまざまです。金融機関によっても取り扱い時間が異なりますので、公式サイトなどで事前に確認しておくことをオススメします。また、即日融資もスムーズな審査でなければ意味がありません。

14時以内に申し込みをしても、審査に時間がかかれば翌営業日になる場合もあります。

これらをきちんと理解した上で、即日融資のキャッシングを利用してくださいね。

▼かなり急いでいる当日融資希望のあなたにおすすめ!
プロミス
最短1時間融資可能
※最短即日※

審査は最短30分

郵送物なし。Web完結。カードレスもOK
平日14時過ぎ&土日祝日もネット申込&審査通過後、自動契約機で、すぐに借りられます。


三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、24時間振込可能
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
アコム
最短30分で審査ご回答最短即日
(14:30までに手続完了の場合)

楽天銀行、ゆうちょ銀行に口座をお持ち場合は、土日祝でも24時間融資してくれます
専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
楽天銀行ローン
※最短即日※

楽天銀行口座をお持ちの場合は、365日24時間振り込み可能です。

平日14時30分までにお手続き完了で即日振込み パート・アルバイトOK
学生OK
▼内緒で借りたいあなたにおすすめ!
プロミス
最短1時間融資可能
※最短即日※

電話での在籍確認ではなく書面でOK(保険証)か給与明細(1か月分)

郵送物なし。Web完結。カードレスもOK
平日14時過ぎ&土日祝日もネット申込&審査通過後、自動契約機で、すぐに借りられます。

審査申し込みの際、「口フリ(口座振替)による返済」を選択し、「カードなし」を選択で、郵送物なしで完全に内緒で借り入れ可能。
三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、24時間振込可能
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
レイク
※最短即日※

申し込み完了画面に審査結果が表示


郵送物なし。来店不要でWeb完結。カードレス対応
平日14時45分までに会員ページからお手続きで即日振込み可能。すぐに口座入金されます。

専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生OK

このページの先頭へ