収入証明書不要な理由とキャッシング会社を徹底比較!

お金を借りる際、ほとんどの金融業者は、審査のときに『収入証明書』の提出が求められます。収入証明書とは、自身の収入がどれだけになるのかというのを証明するもので、賃金業法で定められています。ですから、基本的に収入証明書が必要書類と記載されていれば、必ず提出をしなければいけません。

しかし、なかには『収入証明書が不要』な金融業者も存在します。

法律で定められているにも関わらず、なぜ収入証明書の提出が不要になるのでしょうか?

その理由は、借入額が関係しています。

収入証明書が不要なキャッシングである条件とは

woman

収入証明書が不要なキャッシングをよく見てください。『50万円まで』と書かれていませんか?

これは、『50万円までの借り入れであれば収入証明書を不要としますよ』という意味になります。

賃金業法では借入額が50万円以下である場合は収入証明書の提出は求めません、となっています。よって、収入証明書が不要なキャッシングは、少額借り入れであれば収入証明書を提出しなくても良いわけです。

収入証明書が必要な場合もあるので注意

ただし、注意しなければいけない点もあります。収入証明書の提出が不要なところは、あくまで『1件50万円』という意味。決して、総額借り入れが50万円以下であれば…という意味ではありません。たとえ1件50万円以下であっても、合計の借入額が100万円以上になっていると収入証明書の提出が必要になります。

また、借入総額が100万円以下であるにもかかわらず、収入証明書の提出が求められた場合。条件を満たしているのに、提出をしなければいけないのは、『信用問題』が関係しています。借り入れができるようになるまでには、審査が必要になります。

審査に通過しないことにはお金を借りることはできませんから、万が一信用性に疑念がある場合は、たとえ収入証明書原則不要の条件を満たしていても、提出しなければいけなくなってしまいます。

収入証明書が不要なキャッシングといっても、条件はキャッシング会社によってさまざまです。借入先が銀行か、クレジットカード会社のキャッシングか、消費者金融のカードローンなのか…。後者の2つは50万円以下が収入証明書原則不要になりますが、銀行の場合は100万円以下まで値上がりします。銀行によっては、『300万円以下』というところも。

収入証明書が不要なキャッシングをまとめると、以下のようになります。

銀行は賃金業法対象外になる。
柔軟性は銀行カードローン
信用問題がきちんとしている。

ただし、銀行は自由に基準を決められる反面、審査が厳しくなります。

消費者金融系のカードローンは、収入証明書原則不要が50万円以下と低く設定されていますので、銀行よりも手軽にお金を借りることができます。

▼かなり急いでいる当日融資希望のあなたにおすすめ!
プロミス
最短1時間融資可能
※最短即日※

審査は最短30分
平日14時過ぎ&土日祝日もネット申込&審査通過後、自動契約機で、すぐに借りられます。


三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、24時間振込可能
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
アコム
最短30分で審査ご回答 最短即日
(14:30までに手続完了の場合)

楽天銀行に口座をお持ち場合は、土日祝でも24時間融資してくれます
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
楽天銀行ローン
※最短即日※

楽天銀行口座をお持ちの場合は、365日24時間振り込み可能です。

自身に収入のない主婦でも申込める数少ないカードローンです。
平日14時30分までにお手続き完了で即日振込み パート・アルバイトOK
学生OK
▼家族や会社に借入が絶対ばれたくないというあなたには
モビット
業界唯一のWEB完結「電話連絡なし」「郵送物一切なし」で、誰にも知られずお金を借りれます。 平日14時50分までに契約完了で即日振込み 限度額:800万円まで

このページの先頭へ