年金受給者・高齢者でも借入れできるキャッシング!電話調査してみました!

結果・・・

年金受給者の方のキャッシングなら60歳 ~69歳なら借りれます!

もちろん若い世代と比べればすれば、キャッシング&カードローン審査は厳しくなりますが、年金という一定の収入がありますので、年金でお金を借り入れすることができます。

ただし、金融機関によって年齢制限がありますのでその年齢を超えていたら借りることができません。また、即日キャッシングについても対応しているか調査してみました。

銀行のカードローンは年齢制限を65歳未満に設定しているところが多く、
消費者金融系のカードローンは69歳未満が多いように見受けられました。

カードローン 年齢制限
レイク 満20歳から満65歳までの方
楽天銀行 満20歳から満60歳までの方
みずほ銀行 満20歳から満66歳までの方
オリックス銀行カードローン 満20歳から満65歳以下の方
モビット 満20歳から満69歳までの方
アコム 満20歳から満69歳までの方
アイフル 満20歳から満69歳までの方

年金受給者でも借り入れ可能なカードローンはどこでしょうか?

調べた結果、年金収入のみでも貸してくれる会社が幾つかありました。

しかし、詳細をWEB上には掲載されていなかったため、実際に電話して聞いてみました。

「年金収入のみで借入可能ですか?」の各社の回答を一覧にまとめました。
コース 可否 カードローン会社の回答
レイク 年金の収入のみの方でもお申込みいただけます。
みずほ銀行 年金収入のみの方でもお申込可能です。
モビット × 年金収入以外の一定の収入がないようですと、 お申込みは承れないということになってしまいます。
楽天銀行
スーパーローン
× 年金収入のみの方でしたらお申込みすることができないようになっております。
アコム × 収入が年金受給のみでのご契約は難しいです。年金受給以外に安定した収入と返済能力を有するお客さまでしたら審査のうえ契約が可能です。
アイフル × 安定した一定のご収入がある方が対象となってしまいますので、年金のみですと、申し込みが頂けない状態でございます。

「レイク」「みずほ銀行」は、年金収入のみでもお借入可能でした!!

銀行やクレジット会社で目的ローンを組む場合も、年金受給者は50万円までなどの制限を設けているところもあります。

【注意】年金を担保としたローンは違法です

年金を担保にした融資制度は日本政策金融公庫の「恩給共済年金担保融資」と「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」の二つがあります。
どちらの融資制度を利用できるのかは受給している年金によって違います。

年金担保の融資は、独立行政法人・福祉医療機構が実施する「年金担保融資制度」と日本政策金融公庫の恩給・共済年金融資は以外は違法ですので、年金を担保に融資しますという借り入れ先や、通帳や年金手帳の提出を求める借り入れ先は、注意して下さい。

年金担保融資制度には貸付金の使途に対していくつかの決められた条件があります。

医療、介護、住宅、教育、冠婚葬祭、事業維持、債務の一括返済、生活必需品など使途は多岐に渡りますが、生活資金や旅行といったことには利用できません。
また融資額が10万円を超える時には、貸付金の使い道と必要な金額をがわかる書類を提示する必要があります。

もしもご自宅をお持ちでその家をお子さんやお孫さんに遺す必要がないのであれば、自宅を担保に融資を受ける「リバースモーゲージ」という方法もあります。

一番のメリットは毎月の返済が不要なことです。
どうやって返済するのかと言うと亡くなった後に自宅を売却してそのお金で一括返済します。
不動産価値に応じて決められる貸付限度額の範囲であればいつでも必要な時に融資を受けられ、生存中は返済しなくても良いので人気が出ています。

 年金担保ローンの融資可能額は、10万円から250万円で、連帯保証人が必要で融資までに、年金担保ローンは、上記の2か所のみです。

「レイク」「みずほ銀行」は無担保で融資可能です。

新生銀行グループ「レイク」

30日間無利息、または5万円まで180日間無利息
金利:年利4.5%~18.0%
最高限度額500万円
担保・保証人:不要
安定した収入のない方(専業主婦):融資可能
即日振込みをご希望の場合、平日14時までのお申込みと本人確認書類の確認の完了が必要です。

このページの先頭へ