無職のカードローン審査と注意点まとめ

operator『いつだってお金が欲しい!』無職の人であれば、当然収入がないわけですから、常にお金が欲しいと思うのも納得です。では、無職でお金を金融機関から借りることはできるのでしょうか?

近年、金融機関のサービスは充実しており、アルバイトや主婦といった、収入が不安定な方でも借り入れがきるようになりました。

学生ローンなんかは、未成年でも借り入れができる場合がありますから、以前に比べ審査の基準は下がってきています。

無職の借り入れが難しい理由

そもそも、キャッシングやカードローンなどは、収入がある方を対象とした商品です。

それは、借りたお金をきちんと返済できることを条件としているからです。

無職ということは収入がゼロなわけですから、当然返済能力がなく、返済ができません。返せないと分かっている人物に、金融業者がお金を貸してくれるでしょうか?

無職でも借り入れができる条件とは

無職でも専業主婦は借りられるケースが多いといわれています。専業主夫も同じですね。専業主婦というのは、結婚し家事をしている人のことをいいますから、収入はすべて夫や妻からになります。

無職ではありますが、まったく収入がないというわけではありません。実際、専業主婦でも借りられるカードローンが存在します。

もちろん、専業主婦がお金を借りるためには、配偶者への相談が必要になります。無断では借りられないため、借金をすることが配偶者にバレてしまいます。夫婦で話し合ってからの決断になりますが、無職でもお金を借りる方法といえば、それくらいでしょうか。

でも、無職でも就職先が決まっている場合は、融資が受けられる場合があります。銀行系カードローンのカードローンなどは、総量規制もありませんし、収入証明書の提出も不要です。

今後きちんと支払っていける能力があるという意思があれば、金融機関によっては無職でも借りられるところはあるでしょう。

昔に比べ、キャッシングやカードローンのイメージが良くなったことで、どうしても『無職でも借りられるのでは?』と思われがちです。しかし、これまで説明してきたとおり、

基本的に無職のカードローン利用は不可能です。

お金を借りたい方は、アルバイトでも収入があることが第一条件になります。

そのことをきちんと理解し、仕事先を見つけてから、計画的にお金を借りるようにしましょう。

注意したい無職の借り入れの落とし穴

無職でありながら簡単にお金が借りられるところは、『ヤミ金』の可能性もあります。借り入れ先がどんな会社なのか情報を集めることも大切です。ヤミ金は非常に危険ですので、絶対に借りないようにしてくださいね。

▼かなり急いでいる当日融資希望のあなたにおすすめ!
プロミス
最短1時間融資可能
※最短即日※

審査は最短30分
平日14時過ぎ&土日祝日もネット申込&審査通過後、自動契約機で、すぐに借りられます。


三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、24時間振込可能
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
アコム
最短30分で審査ご回答 最短即日
(14:30までに手続完了の場合)

楽天銀行に口座をお持ち場合は、土日祝でも24時間融資してくれます
総量規制対象

専業主婦NG
パート・アルバイトOK
学生OK
20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
楽天銀行ローン
※最短即日※

楽天銀行口座をお持ちの場合は、365日24時間振り込み可能です。

自身に収入のない主婦でも申込める数少ないカードローンです。
平日14時30分までにお手続き完了で即日振込み パート・アルバイトOK
学生OK
▼家族や会社に借入が絶対ばれたくないというあなたには
モビット
業界唯一のWEB完結「電話連絡なし」「郵送物一切なし」で、誰にも知られずお金を借りれます。 平日14時50分までに契約完了で即日振込み 限度額:800万円まで

このページの先頭へ